作成日:2003年02月23日、更新日:2004年01月10日 作成:鷹の巣

LAN用Meta-WhoisのCGI設置方法を主体に説明します。Windows 2000/XPの自宅サーバーにて設置を確認しました。


LAN用Meta-WhoisのCGI設置方法

ここで紹介する方法は、IPアドレスから所属組織を調べることは、できませんが、問合せ先を指定しなくてもドメイン名から所属組織を調べることができるMeta-Whoisについて述べます。そして、WindowsにPerl5(Active Perl)の環境がある場合のMeta-Whoisの設置方法を示します。

目次

  1. まえがき
  2. ダウンロード
  3. CGI実行パス下への設置
  4. whois.cgiの改造
  5. 動作確認
  6. あとがき
  7. この頁の更新履歴

1. まえがき

Windowsサーバーには、whoisコマンドがないのですが、Active Perlには、socketモジュールがあるので、LAN(イントラネット)用としてAnother WorldさんのMeta-WhoisのCGIを紹介します。このスクリプトは、非常に小さくまとまっています。基本的に、このCGIは、Windows 2000やWindows XPでも、設置できましたので、その設置方法を中心に説明します。(Windows 95/98/Meでは、未確認ですが、Winsockのバージョンが最新であれば、設置できると考えています。)

注)LAN用としているのは、このWebページで紹介しているフォルダ(ディレクトリ)の配置がセキュリティ的にインターネット用になっていないだけです。スクリプトそのものがインターネット用として使用できないということでは、ありません。

2. ダウンロード

既にWebサーバー(AN HTTPDやApacheなど)とPerl5(Active Perl)と掲示板などのCGIが稼動しているものとします。Another WorldさんのPerlで遊ぶCGIのWHOIS Gatewayのwhois_cgi.txtをクリックして、このファイルを保存(ダウンロード)します。設置例は、Whois Gatewayにある通りです。

3. CGI実行パス下への設置

保存したwhois_cgi.txtのファイル名を「whois.cgi」に名前を変更し、WebサーバーのCGI実行パス下のディレクトリ(フォルダ)に移動させます。以下のディレクトリ(フォルダ)例は、WebサーバーのCGI実行パスを「cgi」とし、それに対応するディレクトリ(フォルダ)名を「D:\www\cgi-bin」として、説明しています。whois.cgiと同じディレクトリ(フォルダ)にjcode.pl(jcode.plの入手先:jcode.pl official page)を入れます

□解凍して出来たディレクトリ(フォルダ)の配置例□
D:\www\cgi-bin\whois\whois.cgi
                    \jcode.pl

□WWWサーバーのURL□
http://127.0.0.1/cgi/whois/whois.cgi

4.whois.cgiの改造

Windowsサーバーの場合は、whois.cgiファイルをメモ帳などで開き、whois.cgiのuse KCatch;という行をコメント行にします。改造ついでに109行目にリンクを追加した方が良いと考えます。(メモ帳で109行目に行くには、「Ctrl」と「G」のキーを同時に押して109と入力します。)

#!/usr/local/bin/perl
#
# whois.cgi - whois gateway
#
;$rcsid = q$Id: whois.cgi,v 1.2 2001/05/23 22:38:05 nakajima Exp $;
# Copyright (c) 2001 Norihito Hamanaka <u1075024@hiroshima-u.ac.jp>
# All rights reserved. This program is free software; you can redistribute
# it and/or modify it under the same terms as Perl itself.
#
# Created at 2001/05/19

$version = $rcsid =~ /,v ([\d.]+)/ ? $1 : 'unknown';

use IO::Socket::INET;
use CGI;
#use KCatch; <--- Windowsサーバーの場合は、コメント行にします。
require 'jcode.pl';

# トップレベルドメイン(含むgTLD)とwhoisサーバの対応表

・・・中略・・・

#        $q->div({-align=>'right'}, $q->em("$title $version")), <--- コメント行にして、下記の様にリンクを追加します。
        $q->div({-align=>'right'}, $q->em("<a href=\"http://home.hiroshima-u.ac.jp/u1075024/\">$title $version</a>")),

・・・後略・・・

5. 動作確認

ブラウザを起動し、URL欄に「http://127.0.0.1/cgi/whois/whois.cgi」と入力して、動作試験を行ないます。起動するとWhois GatewayのWebページと同じ画面が出れば、正常に起動されています。「Domain」欄に自サイトのドメイン名を入力して、期待通りの表示がでれば、設置完了です。

6. あとがき

設置の容易さを最優先にして、LAN用Meta-Whoisの設置を紹介致しました。このページで紹介しましたCGIのスクリプトは、大変読みやすいので、処理内容を理解されることをお薦めします。

13.この頁の更新履歴

▲頁先頭